湘南平 番外編 その2
何か写真に写すものは無いかと歩いていたら、少年が話しかけてきた。
少年と行ってもまだ幼い。小学一年生ぐらいだったかなあ?

「あのー、僕のお母さんはどこですか?」
言葉だけ考えるとシュールである。自分の本当の母親はいったい何処に
いるのだろうか?母親とはこの場合はどういった意味を表しているので
あろうか?幸い私は哲学者ではなかったので、そのまま素直に状況を
把握した。

「君は迷子なの?」
すると少年は頷き、
「母はおしっこに行くと言ったまま消えてしまいました」
と言った。
んー、またシュールな事を言う少年だ。しかしこのまま保護しても逆に
私が誘拐犯に間違われても困る。公園の管理事務所の所まで連れて
行く事にした。すると母親が現れた。

「もー、○○ちゃん、私がおしっこに行っている間に何処に行ってたの?」
少年は困った顔をしながら私を見た。私も困った。母親はなおも言う。
「もー、私がおしっこ行ってただけなのに。。。」

周りには多くの人たちいたが、誰もがその母親に目を合わせないようにしていた。
[PR]
by mnoji | 2004-11-10 22:06 | 小旅報告
<< ゾウさん♪ 猫の森 番外編 その2 >>



[PR] 美容外科