主役
長い人生において、誰しも一度くらいはヒーローやヒロインに
なる事がある。よく言われるのは、出生・結婚式・葬式では
主役になれるとの事。まあそれはそうだけど、日常生活の中
でも一度くらいは主役になりたいものである。

だいぶ前になるが、大学受験のために浪人していた頃の話。
予備校に通っていたのだが、そこにあまりキレイでも可愛くも
ない女の子がいた。なんと言うかごついのである。華奢な男
ではケンカしても負けそうな感じの人だった。残念ながらそう
いう女性は男性にはもてない。ただ性格的にはさっぱりして
いた人だったので、特に嫌われてもいなかった。

ある日、教室にゴキブリが出た。大学や予備校に行った人なら
わかると思うが、ああいう所は机も椅子も固定されている。
なので逃げようとしてもすぐには動けない。列の端の人から
どいていかなくてはならない。映画館の座席のイメージかな?
そんなわけで一瞬教室がパニックになった。ゴキブリはあちこち
走り回っていた。

そこでそのごつい女の子が登場。席を立ち、どうするのかと皆が
見ていると、そのゴキブリを素手で掴んで握りつぶした。
「手を洗ってきます」と講師に言って教室を出て行った。男たちは
拍手喝さい、女たちは唖然とした表情。
あの時一瞬だけど、彼女はあの教室の主役だった。今は何をして
いるのかなあ?時々ゴキブリを見るたびに、彼女の事をふと思い出す。
[PR]
by mnoji | 2004-10-03 22:37 | その時々
<< 猫の森 番外編 雨 >>



[PR] 美容外科