値段交渉
下にも書いたが、新しいレンズを買った時に、今まで使っていた
カメラとレンズを下取りに出した。

最初の査定は、1万7千円だった。
「えっ!」と一声言ったら
2万円になった。
再度「えっ!」と言ったら
2万2千円になった。

値段が上がるのは嬉しいのだが、そんな安易で良いのかと逆に
心配になってしまった。相手は店長である。

おまけに買ったレンズは本来8万8千円程するらしかった。でも
店員の不手際で79800円と、予約時には言われていた。その
値段も実質値下げである。合計1万3千円余り、得した?

最初は店員が間違えたのでとか、理由にもならない事を言って
たしなあ。何も言えない性格の人だったら、その分高く買わされ
ていたいたのだろうなあ。何だか複雑な想いである。。。






D70のレンズキットと70-300の望遠ズームレンズの下取り
値が2万2千円では安い。でも酷使したからしょうがない。プロ
ではなく、素人が見てもそれはわかるほどである。

カメラの電源スイッチ、ON・OFFの印字など、とっくに磨耗して
消えている。底部のねじはみな錆びている。レンズの印字もか
なり磨耗している。それだけ見ればプロが使っていたかのようで
ある。実際に年間で7万枚はシャッターを押しただろう。なので
買ってからは12万回以上は押してるかと思われる。

D70やレンズたち、今までありがとう。亡くなった父を写したり
近所のおばあさんを写したりして、喜ばれた事もあった。機械
とは言っても別れは寂しく、そして切なく思える。

今まで、ありがとう。
[PR]
by mnoji | 2005-12-30 17:35 | その時々
<< 夕食 お買い物♪ >>



[PR] 美容外科