猫の森 11
b0022221_17162254.jpg

やがてぱんちは飽きたのか、小屋の上に登っていった。その
顔に西日がさしていた。最近は随分日が短くなってきた。少し
眩しそうにしながらも、何かを見つめていた。
[PR]
by mnoji | 2005-11-27 17:12 | 猫の森
<< 猫の森 10 猫の森 12 >>



[PR] 美容外科