晩ご飯
b0022221_2036012.jpg

今夜はウナギだった。ちなみに私はウナギが結構好きである。

以前の勤務先はさほど大きくもなかったので、まれに社長と一緒に
お昼に行く事もあった。ある日も一緒に行こうと言われたので、事務
所の近くのウナギの名店はどうかと答えた。単に私が食べたかった
からである。社長が一緒にならおごりだし。

で、行って頼んだのは一人5千円もする高級なやつだった。見た目も
豪華絢爛な感じで美味しそう。その店は注文を受けてから焼くので
時間がかかる。社長は大のせっかちである。来たと思ったら即座に
食べ始めた。私もそうしようと思ったのだが、ご飯が妙に熱い。
猫舌の私としては閉口するほどである。横で社長はどんどんと食べ
ている。かなり困ってしまい、結局うなぎの部分だけを食べ、ご飯は
全部残した。社長を待たせるわけにはいかない。

恥ずかしくて、その店へは2度と行けなかった。
[PR]
by mnoji | 2005-06-12 20:47 | その時々
<< 猫の恩返し 紫陽花 >>



[PR] 美容外科