野良猫の写真を撮るのであちこち行く。そこでピクニックなのか
お弁当を広げているおばさん連中を見かけた。その足元には
一匹の痩せ細った野良猫がいた。食べ物を恵んで欲しかったの
だろう。

聞こえてくる会話は、自分の家では猫を飼っている、その猫は
血統書付きで可愛いとの事。足元に寄ってくる野良猫に対しては
汚いと邪険にしていた。あまりにミャーミャー泣く野良猫をそのうち
足で蹴るような仕草をしていた。そしてまた自分の飼っている猫を
自慢げに話し始めた。痩せ細った野良猫は、悲しそうに食べ物を
見ている。

猫が好きな人は多いけど、血統書が好きな人も多い。
[PR]
by mnoji | 2005-03-21 23:35 | 野良猫
<< おやすみなさい♪ 結局 >>



[PR] 美容外科