あどけない話
あまりに可愛いのでぱんちを家に連れて帰った。
しかし、

ぱんちはここに空が無いという
ほんとの空が見たいという
私は驚いて空を見る
桜若葉の間に在るのは
切っても切れない
むかしなじみのきれいな空だ
どんよりけむる地平のぼかしは
うすもも色の朝のしめりだ
ぱんちは遠くを見ながら言う
猫の森の山の上に
毎日出ている青い空が
ぱんちのほんとの空だという
あどけない空の話である。
[PR]
by mnoji | 2005-03-18 22:27 | その時々
<< おやすみなさい♪ 本日の花粉情報 >>



[PR] 美容外科