読書感想文
b0022221_2220597.jpg

昨日の午後に図書館で借りた5冊だが、今ほど読み終わった。
感想を少し書くとする。

「警視庁捜査一課特殊班」 毛利文彦
所謂誘拐身代金事件だとか、人質立てこもり事件などを専門に
扱う警察部署のレポート。ちょっと内容が浅い。テーマは良いの
だから、もっと深く掘り下げても良いのかと思われる。

「永田町 権力者たちの情報戦争」 伊藤惇夫
これも上と同じく。作者は元自民党、民主党の事務局長なのだ
から、尚更物足らなく感じた。

「組織犯罪」 読売新聞社会部治安取材部
これも上と同じく。レベル的には更に劣るのかも。新聞社の記者
も一冊の本を書き上げるのは、また違った作業なのだろう。

「ストップ・オーバー」 都筑大介
若者の薬物依存についてのノンフィクション。でも小説的な書き
方に不満を感じる。ノンフィクションならもっと、他に書き方もある
かと思われる。

「ドナウよ、静かに眠れよ」 大崎善生
これもノンフィクション。欧州に留学した19歳の少女の、留学
崩れの男との純愛?かな?最後は心中する。少し読み始めて
から、内容に入れる感じ。作者の力量を感じさせないレベル。

どれも推薦はできないけど、最低限一冊を選べと言われたら
最後のかなあ。そんな感じでした。
[PR]
by mnoji | 2005-03-06 22:36 | その時々
<< ありがとう 野良猫発見! >>



[PR] 美容外科