読書感想文
一昨日に借りた5冊も今朝読み終わってしまった。まあ1冊は
旅行誌なので、実質は4冊。

「歌舞伎町シノギの人々」 作・家田荘子 全284ページ
あまりこの作家は好きでもないのだが、今回は他に借りるのも
見当たらず選んだ1冊。なんと言うか毎度ながら掘り下げが甘
いと言うか浅いのだよね。なので読み応えがない。

「ケース・オフィサー上・下」 作・麻生幾 全637ページ
この作者は好きなのだが、ちょっと全体的に荒い感じだったなあ。
これだけの長編にする必要性があるなら、ラストの展開をもっと
膨らまして欲しい気もした。

「私が殺した少女」 作・原リョウ 全423ページ
これも好きな作家なのだが、ラストの展開があっけなかった。
作家によって文章力は良いのだが、全体の構成に甘いと言うか
緩いというかの作品も多い。かなり盛り上がっていて、あっさり
最後は終わってしまうパターンである。これもそんな感じ。

そんな感じでしたあ。
[PR]
by mnoji | 2005-02-04 10:48 | その時々
<< 猫の森 10 おはようございます♪ >>



[PR] 美容外科