夢と現実

夢と言うか幻想

雪が降り積もり歩いて猫の森へ行くのだが、意外に暖かい。
既に雪はやんでおり、日が出てきて反射する光が強いのだ。

距離は予想した以上に短く、10分あまりで到着する。

猫たちは全員揃っており、嬉しそうに私を出迎える。

まろやぱんちなど白系の猫が雪の上にいると、とても映えて
素敵な写真が撮れる。

そこへ一人の若い女性が車で現れる。私を見て、こんな雪の
中を猫たちのために歩いてきたのかと感動する。帰りはこの
車に乗っていってくださいと言い、良かったら私の部屋まで
来ませんか?と微笑む。





これが現実

すげー寒かったっす。雨交じりの雪は予想以上に冷えますた。
雪は止んだというより、完全に冷たい雨になってしまった。

距離は、いつも車だけど今日は徒歩だったので早道を行こうと
したら、間違えて遠回りになってしまった。結局片道30分かよ。

猫たちは傘をさした私を見て、驚き一斉に森の奥に逃げていって
しまった。寒い中をしばらく待つはめになってしまった。

傘を片手に雨の中を猫缶を開けたりして、写真どころではない。
開け終わってからも風があるのでカメラが濡れないようにする
のに苦労した。ピンボケ写真ばかり。猫たちは食べ終わると
小屋の中で動かない。

帰りにすれ違った車にはおばさんが乗っていた。何の躊躇もなく
横を通り過ぎていった。お陰で水しぶきが全身に降りかかった。

これが現実かあ。。。
[PR]
by mnoji | 2004-12-31 16:44 | その時々
<< 出会い 猫の森スペシャル >>



[PR] 美容外科